100% 嘘八百 ♪ PRINCEを愛するD&Pによる、PRINCEをめぐる妄想の数々


by DandP

9  さよなら、ひろみちお兄さん4

 2003年の春から、歌は新しいお兄さんお姉さんに変わった。
先代あきひろお兄さんはミュージカル出身。大作にも出演したことのある、いわば成長済み。今度のゆうぞうお兄さんは、まだまだ若いヒヨッコである。

・・・あの、言いたい放題言っちゃってますが、ダイジョブですかね?
ゆうぞうお兄さんの身内の方、いらっしゃいませんか?いらっしゃいませんね?ダイジョブですね?では、続けます。

 ゆうぞうお兄さんは、そして新お姉さんも、まだまだ自分を押してしまい、テレビの前のチビッコに奉仕するというミッションを理解していなかった。まだまだ自分がきれいなままでようとして、自分の仕事をよく知っていなかったのでる。
ゆうぞうお兄さんにいたっては、子供に歌いかけたり話し掛けたりする時も、目は他所を泳いで、目の前の子供のことはうっちゃってるかあしらってるか、およそ邪魔者扱いであった。

いや、あの、収録しながら、たえず何をしでかすかわからないガキ共に気を配ると、どうしてもそうなるものですが、ここはひとつ、ネタとしてこのまま行かせてください。

 そこでまたスタッフは、彼らの自意識を砕き葬り去ろうと、ものすごいものを用意した。

「おすしのピクニック」である。

 実はワタクシD&Pは「おすしのピクニック」が、大好きです。
しょっちゅう歌っております。
それもこれも、あの強烈なヴィジュアルのせいです。

 白の全身タイツに味付け海苔を貼ったような眉、まっかかなホッペ。
いくらなんでもこれはどうしちゃったのか、と目を疑った。
マッドサイエンティストの比ではなかった。
 ひろみちお兄さんのナルシスぶりも、ゆうぞうお兄さんの冷たい目に比べればかわいいものだったのだろうか。強烈な荒療治にスタッフは出たようだ。
その甲斐あって、その後はゆうぞうお兄さんの表情も和らぎ、歌のお兄さんとしての宿命を知った、否、本調子が出たようである。

 すでに一皮向けたひろみちお兄さんは、ニコニコと楽しそうにモジモジ君を着こなしていた。

今や、新しいお兄さんお姉さんを引っ張る中堅的存在にまで成長した我らがひろみちお兄さん。一畳マンなるニューキャラも去年は登場し、例の「あ・い・う!」も芸として認知されたようである。
ひろみちお兄さんの二の腕のお肉も、若くぷりぷりしていた頃にくらべれば萎んできたものの、「あ・い・う!」と言いながらかかげるガッツポーズは永遠だろう。
水戸黄門にはいくらでも代わりはいるが、矢七やハチベエがワン&オンリーな存在なように、歌のお兄さんが替わってもひろみちお兄さんは10年もあれをやっているのである。


ああ、ひろみちお兄さん、貴方は素敵に変わった。愛され親しみやすい存在として。


・・・けれど、そうやって彼が変わって行くに連れ、次第に私の彼への興味は薄れていった。人を判断不可能な状態に陥らせるあの魅力は、いつのまにか安全な場所に着地し、安住したようだ。
あの、どこに連れて行かれるのかわからない、予測不能なリアルタイムの恐怖、平凡な主婦をひととき、どこかわからない場所へ連れてってくれる、あのひろみちお兄さんは、もういない。

そうして、ワタクシD&Pのひろみちお兄さんへの長い旅は終わった。



・・・・さよなら、ひろみちお兄さん。
もう、あなたを追いかけたりはしない・・・・・。
[PR]
by dandp | 2004-01-11 02:28 | ひろみちお兄さんの秘密