100% 嘘八百 ♪ PRINCEを愛するD&Pによる、PRINCEをめぐる妄想の数々


by DandP

<   2003年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フリーダ

フリーダ
当然ですが、ネタばれです。
見に行っちゃったんだもんね。それでもって、当初、この妄想日記ではネタのみを発表し、個人的な生活に基づく日々の雑事は書かないつもりだったのに、感想なんてまた書いちゃうんですわ。


 フリーダ・カーロという作家を好きなのは、たいがい女性であると思う。しかし、苦手な女性もいる。私と一緒にメキシコに行った女は、絵の前でこう言った。
「やっぱり、嫌いだわ、こんな絵」

それは、戸川純が好きか嫌いかとか、まあ、そういう感性に順ずる問題であると思う。「痛い」メンタルヘルス系を受け入れられるかどうか、その辺にかかっているとも思われる。

 だが、しかし。
忘れてはならないのは、彼女がラテンアメリカ、それもメキシコの女だということだ。「サバイビング・ピカソ」という映画、まだ見ていないのだがなんとなく失敗してるんじゃないかなと思うのは、ピカソのある種の奔放さについて、彼がアングロサクソンではなく、ラテン人だということが視野に入ってるように思えないからだ。
同様、フリーダの絵を考える時、ラテンアメリカの地を思わないわけにはいかない。その呪術を。マジックリアリズムの大地を。
 そこには「痛い」系などという可愛らしい情緒を軽く超えた、強い色彩の魔術がある。

 彼女はシュールレアリストではない。
ラテンアメリカ的世界に属した心象風景画家であると、私は思っている。彼女は内なる事実を描いた作家なのだ。だから歴史的事柄と、彼女が見た事柄とはおのずと違ってくるはずだ。映画でも写実的な表現に、コラージュやアニメーションを使った彼女の創作に結びつく映像を上手く絡ませている。が、なんというか、見終わった感想といえば、上手な伝記映画の域を出ないなあ、という感じ。

 ディエゴとの愛を主題とするなら、奔放でありながらも母親に代表される古いカトリック的な価値観を持ち、彼の裏切りに傷つきながらも彼を求める矛盾なんかも深く掘り下げて欲しかった。
また、彼女の画家としての作品世界に重きをおくなら・・・・。
 まあ、伝記に出てくるエピソードを上手に盛り込んで、しかし、せいぜい伝記に出てくる程度なのである。
そう私が思うのは、要するに私がフリーダ・カーロのファンで関連する本もいくつか持っているからであって、映画としてはいいとこなのかもしれない。

 なによりも、怖れていたよりドロドロしてないってとこがよかった。
それが前記した「ラテンアメリカであること」なのである。


 フリーダとの出会いは今から13年位前、ドイツの本屋のディスプレイだ。暗くて寒くて世界中が灰色でオマケに長いドイツの冬、ドイツの田舎町(確か州都のはずだけどさ)のメインストリートにある本屋に、それはあった。そのガラスの向こう側だけ色彩に満ちた別世界で、身体中に釘の刺さったギブスの女や顔だけ人間で矢に射されまくった鹿が、やたら生命力にみなぎって描かれていた。果物を描いた静物画はエロスそのものだった。

 当時見たドイツ現代美術の巡回展のタイトルが「DENKENKUNST」(思考の芸術)と銘打っていたのと真逆だと感じた。キャバレー文化やマックス・エルンストの回顧展、はたまたドイツと言えば表現主義絵画、いろんなものを目にする機会に恵まれたが、それらはどこか「思考力」に強い支配を受けているように思う。

 フリーダの絵画は「魂」で描かれており、それもゼーレやスピリットという「魂」ではなく、「コラソン」であるのだ。コラソンというスペイン語には、極私的偏見であるが、あらかじめ「トリステ悲しみ」が宿っている気がする。それも私から見ると、なんだか趣味でやってるような実は楽しそうな「悲しみ」なのである。


 その悲しみや痛みと、妙にあふれた生命力に圧倒された。


それからずいぶんと時間が経って、メキシコをたずねる機会に恵まれた。
残念ながら、フリーダ・カーロ美術館となっている彼女の家は清掃&修理中で休館していた。が、彼女の夫ディエゴ・リベラを擁護していた女性パトロン(当然関係していたが)の家を改装した美術館で、フリーダの絵をいくつか見ることが出来た。画集とはかなり印象が違い、まずその小ささに驚く。それは身体上の理由から、彼女が小さなキャンバスにしか向かえなかったことと、その絵の緻密さにある。

 しかし、なによりも、彼女の絵が親しい友人にそっと送ったような、ささやかで奥ゆかしい印象をもっていたことに驚く。もっとふてぶてしく自分の感情を叩きつける女だったら、いっそ、楽に絵を見れただろうに。
 強烈でささやかな彼女の世界に、胸をうたれる。



そんでもって、お土産自慢。
 なかなか他のミュージアムショップでは手に入らないであろう物たち。
①フリーダと恋人(誰だかわかんねえんだ、スペイン語わかんねえから)が交わした書簡のレプリカ。彼女が大切に入れておいたケース(紙製)に入っていて、その消印のカスレ、便箋のしみ、キスマークの口紅の油分のにじみまでご丁寧に再現されてるヤツ。とにかくロマンティックでラブリー。
②フリーダちゃん着せ替えブック。絵画の中で彼女が着ている衣装を彼女の紙人形に着せ替えられる。治療のために着けていた石膏のコルセット(ギプスにカラフルな絵が描いてある)まで忠実にある。女の子向けだけあって、少々美化されており、眉はつながってるがヒゲはない。

以上。
[PR]
by dandp | 2003-08-22 01:59 | 映画の感想

ひろみちお兄さんの秘密


 ひろみちお兄さんについて語ること、それは「自意識」についての冒険をすることである。

 とか書き始めて、最近の妄想日記のスタイルが、まるでケーシー高峰の医療漫談なことに気付く。
[PR]
by dandp | 2003-08-06 02:07 | ひろみちお兄さんの秘密
  えーーっとこの話題。
  その後に付いたレスがものすごくレベル高く、すばらしいので、それも掲載。
  映画を語るって、みなさん、ほんと素敵だ!!



つづけちゃうもんね
 とにかくマルコは、いい男なのだ。
しかも、昏睡した恋人の前で悩み、たえず事故の前の「話したいことがあるの」という言葉を反芻していたのに、その意味が前の恋人と縁りを戻したつーのであるのに。

 ベニグノの愛は慈しむ愛であると思う。もちろん、どんな愛も危ういバランスの上に立っており、正解などない。
彼女を介護する手は、観ていて感心するくらい上手だった。いやーー、4ヶ月稽古したというが、役者やめても食っていけるくらい上手にリンパを捕らえてマッサージしていた。そういった事務的でない上手な介護の手が、欲情していた夜は介護が出来ない手になったいた。
上手に語る手だったと、身体の演技に感動。

 子供にとって一番の虐待は、無視することである。意識的な無視(しかとのようなイジメ)ではなく、まったくの無関心。これは確か、うろ覚えの知識で申し訳ないが、17世紀あたりの貴族の研究者が行った実験である。貧しい小作人達の子供を買ってきて、行った実験である。
 子供はその環境の言葉を聞いて育つから、そこの言葉を話すのであり、生まれてからなにも話し掛けず関わりを持たなければ、もともとの言語、つまり神の御国の言葉を話すに違いないと、集めた子供に一切話し掛けず関わらず過ごさせた。
 実験の結果はどれも失敗に終わる。
なぜなら、子供たちがみんな死んでしまうからだ。
語りかけ慈しむことこそが、命の力になるのだ。

 昏睡から覚めた若い女は、子供を身ごもり死産していたことも、ベニグノのことも、何も知らされていないだろう。彼女の顔は、慈しまれて育った子供のように、明るく輝いている。正解のない愛は複雑な形になったが、彼女の根底にはベニグノが与えた慈しみが宿っている。

 最後上演されるピナ・バウシュのダンス作品のように、男と女はいかようにも出会うものだ。ダンスのパートナーを変え、いかようにも踊るだろう。
マルコとアリシアは出会い、その形は恋愛になるのかもしれない。それは誰にも分からないけれども、二人の間には、ベニグノという、確かで不可視の愛が存在する。

ながなが、すみませんね。



--------------------------------------------------------------------------------

mayte
うむ~。ますます見たくなってきた『トーク・トゥー・ハー』。私は、D&Pちゃんとは違う意味で『ベティーブルー』の最後は嫌いなんですが(フランス映画がそもそも嫌い)あの映画自体は奇蹟的に好き。
2003/08/04(Mon)/01:18:09 No.238

--------------------------------------------------------------------------------

mayte
で、昏睡から覚めた彼女に慈しみが生きているって言うくだりなんですが、やっと腹に落ちた。なにが落ちたかっていうと『ボクシングヘレナ』という映画のラストシーンでのヒロインの眼差しの意味。慈しんでもらったっていうのは、身体に根付くと言うか、一番染みると言うか。ま、あれは慈しみとは言い難い訳だけども。
2003/08/04(Mon)/01:20:17 No.239

--------------------------------------------------------------------------------

mayte
で、D&Pちゃんが今回言いたいところの部分に似た感じで、私が大好きなのは『男が女を愛する時』って言う映画でのアルコール依存症になってしまった妻を必死で克服させようとする夫。あれはだいぶ前に見たけど、今でも思い出すだけで泣けてしまう。実話だって言うからさらに。たしか、バンデラスが本当にメラニーグリフィスをそうやってアルコール依存症から救ったとか。素晴らしい。そう言う男はおらんかね~。
2003/08/04(Mon)/01:23:05 No.240

--------------------------------------------------------------------------------

hrry
素晴らしい!
わしの文才のなさとは大違いですなぁ。
パンフレットに載っててもおかしくないよ。

もっと勉強しないと(汗)・・・反省。
夏休みの宿題にしときます。

あと、何の映画観に行こうかなぁ。
2003/08/04(Mon)/10:12:52 No.241

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
で、結論。
バンデラス、やっぱりいい男なのね。
2003/08/04(Mon)/22:23:10 No.244

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
ハリーさん、貴方の映画話は一級です。
ぜひ、またピッチャー片手に語って聞かせてください。

といいますか、お二人ともいらっしゃいませ。
2003/08/04(Mon)/22:28:12 No.245

--------------------------------------------------------------------------------

るりぞー
ども。ふらっと入って観た映画でしたが。これなんだかはまりましたんですわ。ピナ・バウシュもだけど、カエターノが出てくるとは思わなくて。聞きながらマルコが又泣くですよ(涙)あの曲欲しさにサントラ買ったお馬鹿です(爆)「縮みゆく恋人」もまた良し。
2003/08/05(Tue)/02:43:59 No.249

--------------------------------------------------------------------------------

りん
ベニグノの手つきはすごかった。
4ヶ月の訓練の賜物だったんですね。
しかし、
あの顔がどうにも受け付けなくて・・・(汗





2003/08/05(Tue)/18:08:27 No.250

--------------------------------------------------------------------------------

りん
彼女を彼女として見ているのではなく、
自分の色眼鏡で、理想化して見ている。
これって、よければ、
一途で献身的にもなるけど、
一方、暴走もしやすいかと(汗

彼女が昏睡状態にならなかったら、
彼はストーカーになってたでしょう。
だから劇中の「罪」にも納得。




2003/08/05(Tue)/18:11:54 No.251

--------------------------------------------------------------------------------

りん
DPさんも書いてらしたけど、
愛に正解も不正解も無いと思うけど、
こういう形は
個人的には好きではないです。

彼女に宿った彼の慈しみ。
もし、真実を知ったら
彼女はどう感じるのか?
非常に興味があるところです。
2003/08/05(Tue)/18:13:22 No.252

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
るりぞーさんはカエターノというあの歌い手さんを前からご存知だったのですねー。すごい歌でしたね。私も映画の後CD屋で物色しました。が、まだ買ってないんです。サントラにするか、彼個人の収録盤にするか、迷ってて・・・。オススメのアルバム、ありますか?
2003/08/05(Tue)/22:10:52 No.253

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
おーー、りんさんだ!映画と言えばりんさん。確かにベニグノのあの、なにかが余った感じの肉体と顔、生理的にどうかと思いますよね。役作りなのか、そういうキャラなのか、ぴったりでした。「マグノリア」の警官役だった時には感じなかったけど、「シカゴ」のジョン・C・ライリーに、同じような「余った感」を感じました。所在無さ、とでもいうのでしょうか。
2003/08/05(Tue)/22:19:17 No.254

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
アリシアが事故に会わなかったら、どうなっていたのでしょうねー。「恋された者」特有の傲慢さでコテンパンにフッてたでしょうか。しかしベニグノも図太いみたいですしね。病院の同僚とはなんてことなく話せるのに、恋した人とは上手にバランスを保てない。なんの接点もない相手に恋してしまったら?しかもマッタク女性慣れしてない人間が・・・。恋という幻想の彼女しか知りえぬまま、彼女は昏睡してしまう。
2003/08/05(Tue)/22:37:47 No.255

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
もしベニグノがもっとイケテる男だったら、王子様のキスで目覚めるお姫様のようなお話になって、あんまりドラマや葛藤は生まれなかったかも。ベニグノのしたことは、罪。彼女への最大の侮辱。ところがその結果として、彼女は救われてしまう。その矛盾こそが「人が生きること」に思えてなりません。
2003/08/05(Tue)/22:48:49 No.256

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
彼女がもし、真実を知ったら・・・。
どうでしょうね、まず「げっ!あの男かよ、キモッ」とシャワーを浴びるかもしれないし、ショックで寝込むかも。自分のまったく知らない間にも、自分は生きていたのかと、不思議な気持ちになり、別の人生のように感じるでしょうか。
彼女と同じ世界の住人になろうとしたのに、入れ違いでその願いも叶わないベニグノ。

2003/08/05(Tue)/23:10:09 No.257

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
ベニグノだけじゃなく、あの映画に出てくる人は、みな孤独。永遠に分かり合えない他者へ、それでも皆それぞれのやり方で出会おうとする、話し掛けようとする、触れようとする。それが恋愛の素晴らしさなのかも。

なんか、やたらと人と話したくなる映画っすね。
2003/08/05(Tue)/23:11:24 No.258

--------------------------------------------------------------------------------

D&P
つか、私が延々語ってるだけじゃんよ~~~。

ハッズッカッシッ
(controversyのリズムで)
2003/08/06(Wed)/20:22:41 No.264

--------------------------------------------------------------------------------

りん
いや。DPさんだけではありません。
実は語りたいのです。
しかし、色んな映画の登場人物と
照らし合わせちゃったりと、
訳わかんなくなりそうなんで自粛中。
またカキコに来るかもです(笑)

とりあえず。「シカゴ」の
ジョン・C・ライリーの「所在無さ」は
すごくよくわかります(笑)
割と歌が上手かったのにはびっくり♪
2003/08/08(Fri)/00:45:55 No.269
[PR]
by dandp | 2003-08-04 01:53 | 映画の感想
トーク トゥー ハー

やっと見に行けました。
公開前からずっとチェックしていたのですが、なかなか行けませんでした。「オールアバウト マイ マザー」の監督だし、題材も興味深かたのです。

 ケアについてのモノガタリだと思いました。

女には大まかに二種類の人種がいて、一つは「ベティ-・ブルー」が好きな女、もう一つは「ベティ-・ブルー」が嫌いな女。
 好きな女は「私の映画!」と言い、嫌いな女は「人がせっかく正気でがまんしてるのに、とっとと向こう側に行きやがってコノヤロウ」と言う。
 ワタクシD&Pは、もちろん嫌いな女の一人だ。
常軌を逸してしまいそうになるのは、女ならよくあること。
しかし、残念ながら、いろんな意味で後片付けをしなければならないのは、たいがい女なので、どうしたって冷めて現実に向き合わねばならないのである。そこいくと男は、偏見かもしれないが「理想を理想のまま持っていられる」。美しいものを美しいままにしときやがるのだ。

 例えば「お前の幸せだけを望んである。どんな時でもお前を助けたい」つーことを言ってる男がいるとする。
だが、残念ながら、現実はこうだ。もし貴女が自分のシリアスな問題に忙しくて、彼をかまえなかったとする。すると男は貴女のシリアスな問題など容赦せず、かまってくれない貴女に嫉妬し、難問をふっかけて来るか、拗ねて暴れるのが関の山。とても助けてくれなどしないのだ。
そして後から男は言う。「俺は寂しかったんだよ。」
 どんなにいいこと言ってる男も、結局はメンタルな後片付けは女にさせるのである。そうして現実を知り、女は少しだけ歳をとるのだ。

えーーーと、まあ、所論ございますが、そういうことにしておいて、話を進めます(アセアセ)。
 
さて、そこで「ベティ-・ブルー」である。私がアレを許せんと思うのは、ラスト。殺しちまうくだりである。
介護しろォ!!!オラァ!!おむつを換えろ!!
お前だけ美しく終りやがって、汚さ醜さも引き受けてみんか、ばか者が。てな気分なのである。ケツのひとつも拭いてみんかい、オラァ!

 そこで「トーク トゥー ハー」なのである。
介護士であるベニグノは当然ながら、マルコもまたケアをする側の人間である。ベニグノの友人として彼をケアし、過去10年にわたり一人の女を薬から救うため旅をして暮らす。女闘牛士の深い絶望の声を、その瞳から聞き取ってしまう男なのだ。

 冒頭、ドイツの重要な振付家ピナ・バウシュ率いる「ヴッパタール舞踊団」の作品「カフェ ミュラー」の舞台を、主人公である二人の男は観る。この映画でピナの作品が使われていることを知らなかったので、私はずいぶんビックリしたのだが、このダンス作品に涙を流す男が描かれているのに、また驚いた。
 ほとんど下着姿の中年を超えた女が、クラシカルな椅子とテーブルが並んだ室内(閉店後のカフェを思わす)を夢遊病者のような空虚な手振りで彷徨う。男はその女が椅子やテーブルにぶつからないように、必死でその行く手をさえぎるものをどかして歩く。その向こうで、女の動きをより抽象化したような、もう一人の女が踊っている。
 ピナの作品はとても悲しく、時にかなりユーモラスに男と女の「わかりあえなさ」を描いている。その絶望を。
 その作品に涙を流せる男なのである。
そんな男には、嘘をついてごまかすことなどできない。怖いが、本当に素晴らしい感受性を持った男であると私は思う。
[PR]
by dandp | 2003-08-03 01:51 | 映画の感想

 いや、金持ち父さんじゃないですよ。

ひとつのテーマで書いていると、だんだんにタイトルのネタがなくなるという・・・。
 それはさておき、隙のない身体で欲情は可能か、という話でした。
子供心に「いやらしいもの」とは直接的な裸体の他に、「漫画ゴラク」の表紙みたいな大人のエロ漫画、そして便所の落書き、そういうくくりでした。
 直接的な裸体も、ただだら~~んと温泉のへりに座ったオバちゃんじゃいけないのだろう、と。とはいえ無印良品のグレイのショーツを「ビッ」とはいた所で、履き心地はいいが色気はあるまい。鍛えた無駄肉のない尻でおろしたて清潔感あふれるレースショーツ、というのも広告として綺麗だが、多分エロくはない。
 
 では、問う。適度に「ユルさ」のある尻にはいたパンツが、両方の「お尻のほっぺ」の間で適度にあまってる、その素人っぽい感じは、エロ的愛着を感じないだろうか。

それを私は「隙間」と呼びたい。
人によっては「ツボ」と表現するかもしれない。
それは、大量消費される公的エロとは違った、個人的体験型エロであると言えるかもしれない。

 「隙間感覚=エロス」とし、それを私はこう定義したい。
・キリスト教の植民地支配に与えた影響を研究することはエロくはないが、隠れキリシタンの研究は、どこかエロい。(隙間的である)
・すぐにCD屋で買えるサザンオールスターズのファンはエロくないが、一日千秋の思いでCDが届くのを待つプリンスファンは、エロい。

隙間の定義は微妙であり、マニアというのとはまた別ものなので、難しい。今回、この妄想日記で取り上げたのは、時期尚早と言えるかもしれない。まだまだ人生を通して隙間を探求していかねばなるまい。
 しかし、ひとつ言える事がある。
隙間は、狭いことに意義があるのではないだろうか。

 カラオケスナックの入り口が小さなドアでなく、シダックスのような自動ドアだったら、オヤジの胸は膨らまない。
 同様に、ビデオ屋のAVコーナーへの入り口が、間口3メートルあったら魅力も半減するだろう。
その狭さゆえに求心的魅力を発揮するものがあるのである。


神様はそこんところをよくわかっていらっしゃるようだ。

のたまわく、「狭き門より入れ」。




--------------------------------------------------------------------------------

付記

各ビデオ屋のAVコーナーへの入り口が何センチあるのか、リサーチすべくメジャーを持って出かけてみた。・・・が、意外と人の出入りがあり断念。しかし、前記の駅前ビデオ屋の「名作ミュージカル」の棚にアンチェリを発見。これでいつでもレカストーと叫べる。
[PR]
by dandp | 2003-08-01 01:47 | 隙間とエロス