100% 嘘八百 ♪ PRINCEを愛するD&Pによる、PRINCEをめぐる妄想の数々


by DandP

<   2003年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

男の職業


いえ、また世間話なんですけども。
 先日、ありがたいことに「アフロプリンス」のお写真を拝見することが出来、そんなに悪くもなかった、ということが判明して、ホッとしたのもつかの間、いろいろ考えてしまった。
 そこでたどり着いた先は、「アフロプリンスに似合う”男の職業”」

 ワタクシD&Pは、ツネヅネ、トップオブザ男の職業とはなんであろうかと、考えていた。今回のアフロプリンスには、その栄えある「ナンバーワン男の職業」に従事させたい。
 ハールメンの笛吹き男のごとく、あらゆる婦女子が付いていってしまいたくなる男の魅力満載の職業とは何か。
ここでは独断により、いきなり発表させていただく。

牽引式トレーラーの運転手である。

映画「ターミネーター2」や「ロングキス・グッドナイト」などアクションもので、転がされたと思うや派手に爆破&炎上したりする、液体窒素やガソリン満載の、あの超大型トラックである。
 ピカピカに光ったあの車体に、車を走行中、困った経験のある方も多いだろう。あの車の後ろに付いてしまった時、タンク後部の微妙にレンズ状になったピカピカのステンレスで視界がさえぎられ、信号機が見えないばかりか、渋滞中に至っては鏡のようになったそこに、自分の車が凹凸レンズのように映り、緩慢な発進停止の度にびよ~ん、ぶよ~んと遠近感を歪ませる。そのマトリックス具合に、思わず乗り物酔いした人もいるに違いない。

 だが、あれを運転する男というのは、お気付きでない読者もいるかと思うが、なかなかこれ、ステキなのである。
 トラックを運転するにあたり、一番重要なのはなんであろうか。
腰である。長距離を長時間同じ姿勢で運転を続けるには、腰の強さが重要になってくる。まあ、これはなんの職業でも同じのようで、ある作家もインタビューの中でやはり「作家になるのに一番必要なのは腰の丈夫さ」と言っていた。やはり人間、腰なのである。腰がよければ、姿勢も自ずからよくなると言うもの。

 さらに牽引式トレーラーの場合、運転手には他のトラック運転手とは一味違った、清潔感というか、スタイリッシュさがほのかに漂うのである。なぜであろうか。ワタクシD&P推測するに、それは「荷降ろし」がないからである。トラックの運転手には運転だけではないもう一つの仕事がある。現地に着いたら荷を降ろさなければならないのだ。それで衣服は汚れ、身体は汗にまみれてしまう。そこへ行くと牽引式トレーラーならば、涼しい顔してビシッと決められるのだ。

 特筆すべきはバックである。車庫入れである。
牽引式トレーラーは前進よりも後進が難しいと聞く。牽引している荷車を下げるには、通常の後進とは逆のハンドル捌きをしなければいけないのだ。
 温泉街のお土産に、小竹の筒をつなげて作ったヘビのおもちゃがある。土産物屋をひやかしてる時に一度は絶対手にとったことがあるだろう。小竹が関節のように曲がり、ヘビの蛇行を表現しているのだが、牽引式トレーラーとは、つまり、あれである。あんな車、どう扱えばいいのか、シロウトには想像もつかん。
 あんなものをバックさせちゃう男なのである。
そんなワイルド&テクニカルメンになら、普段はつつましくうつむきがちなジャパニーズ婦女子も、トラックみたいな大きなお尻を振って男を誘うアメリカ女に変身しようというものだ(SISQO調)。

 でも、プリンス、運転席から前、見れなかったらどうしよう。いや、背が低いんじゃなくて、座高が低くて。
[PR]
by DandP | 2003-05-24 23:56 | D&P時事放談

男の職業


いえ、また世間話なんですけども。
 先日、ありがたいことに「アフロプリンス」のお写真を拝見することが出来、そんなに悪くもなかった、ということが判明して、ホッとしたのもつかの間、いろいろ考えてしまった。
 そこでたどり着いた先は、「アフロプリンスに似合う”男の職業”」

 ワタクシD&Pは、ツネヅネ、トップオブザ男の職業とはなんであろうかと、考えていた。今回のアフロプリンスには、その栄えある「ナンバーワン男の職業」に従事させたい。
 ハールメンの笛吹き男のごとく、あらゆる婦女子が付いていってしまいたくなる男の魅力満載の職業とは何か。
ここでは独断により、いきなり発表させていただく。

牽引式トレーラーの運転手である。

映画「ターミネーター2」や「ロングキス・グッドナイト」などアクションもので、転がされたと思うや派手に爆破&炎上したりする、液体窒素やガソリン満載の、あの超大型トラックである。
 ピカピカに光ったあの車体に、車を走行中、困った経験のある方も多いだろう。あの車の後ろに付いてしまった時、タンク後部の微妙にレンズ状になったピカピカのステンレスで視界がさえぎられ、信号機が見えないばかりか、渋滞中に至っては鏡のようになったそこに、自分の車が凹凸レンズのように映り、緩慢な発進停止の度にびよ~ん、ぶよ~んと遠近感を歪ませる。そのマトリックス具合に、思わず乗り物酔いした人もいるに違いない。

 だが、あれを運転する男というのは、お気付きでない読者もいるかと思うが、なかなかこれ、ステキなのである。
 トラックを運転するにあたり、一番重要なのはなんであろうか。
腰である。長距離を長時間同じ姿勢で運転を続けるには、腰の強さが重要になってくる。まあ、これはなんの職業でも同じのようで、ある作家もインタビューの中でやはり「作家になるのに一番必要なのは腰の丈夫さ」と言っていた。やはり人間、腰なのである。腰がよければ、姿勢も自ずからよくなると言うもの。

 さらに牽引式トレーラーの場合、運転手には他のトラック運転手とは一味違った、清潔感というか、スタイリッシュさがほのかに漂うのである。なぜであろうか。ワタクシD&P推測するに、それは「荷降ろし」がないからである。トラックの運転手には運転だけではないもう一つの仕事がある。現地に着いたら荷を降ろさなければならないのだ。それで衣服は汚れ、身体は汗にまみれてしまう。そこへ行くと牽引式トレーラーならば、涼しい顔してビシッと決められるのだ。

 特筆すべきはバックである。車庫入れである。
牽引式トレーラーは前進よりも後進が難しいと聞く。牽引している荷車を下げるには、通常の後進とは逆のハンドル捌きをしなければいけないのだ。
 温泉街のお土産に、小竹の筒をつなげて作ったヘビのおもちゃがある。土産物屋をひやかしてる時に一度は絶対手にとったことがあるだろう。小竹が関節のように曲がり、ヘビの蛇行を表現しているのだが、牽引式トレーラーとは、つまり、あれである。あんな車、どう扱えばいいのか、シロウトには想像もつかん。
 あんなものをバックさせちゃう男なのである。
そんなワイルド&テクニカルメンになら、普段はつつましくうつむきがちなジャパニーズ婦女子も、トラックみたいな大きなお尻を振って男を誘うアメリカ女に変身しようというものだ(SISQO調)。

 でも、プリンス、運転席から前、見れなかったらどうしよう。いや、背が低いんじゃなくて、座高が低くて。
[PR]
by dandp | 2003-05-24 01:38 | 男の職業

 三度目に無免許をとがめられた時、バイクにまたがったまま、少年はぼんやりと向こうの林を眺めていた。落葉樹林の円い葉は色づいた後すでに落ち、針葉樹のとがった先が、晩い秋の曇り空を突き刺していた。
 季節はもうすぐ冬を迎える。雪が、また道を覆ってしまうだろう。そう思いながらうつむくと、アスファルトが少しにじんで見えた。

 病院ボランティアとして少年が派遣されたのは、更生のためのプログラムだった。それは、まあ、少年の爪に挟まった汚れをきれいに洗う程度には役に立つ。衣服を清潔にし手を何度も洗いながら、少年の仕事といえば、簡単な物品の運搬とリネンの整理。だがもうひとつ、一番大切なのは、この大きな小児病院で、長く入院している子供達の時間を埋めてやることだった。
 就学に達した年齢の子供は、ベッドサイドや、移動ができるならば別棟の教室に行き授業を受けたが、それでも退屈する時間はいやというほどある。就学前の幼い子供ならば、なおさらだ。たった一本のギターと簡単な鼻歌でさえ、彼らには宝物。耳が、乾いた土が水を吸い込むように音楽を求めていることを、彼らの前に立った者ならすぐにわかるだろう。一本の弦が空気を震わすのを、どんな気持ちで彼らは待っているかを。

 子供達は少年の仕事が終わり、プレイルームに立て掛けてあるギターを手に取る瞬間を心待ちにしている。
「プリンス」という名前も手伝ってか、子供達はすぐに少年を気に入った。多分、シャイだったからだろう。彼の音楽はけして踏み込むことなく、子供達のとなりにそっと座って、そっと寄り添った。
自由で、うきうきして、わくわくして、そして少し、さみしかった。
だからみんな、いっしょになって歌った。歌いたい歌だったから。

音楽が、時間をもっと大きなもので満たした。



・・・・相変わらず、州法とかなーーーーんも知らずに書いとりますもんね。妄想ですから細かいことはこの際、気にしないでください。
[PR]
by DandP | 2003-05-08 23:54 | - メキシコの光 -

白装束の人々  2

えーと
どうもでございます。ちょっと時間がなくて妄想日記、途中で止まっております。失礼いたしております。

しかし、突っ込みどころ満載の「例の」ニュース。
今日夕方、テレビを見ましたところ、単独インタヴューをしたアナウンサーが描いたという、女性の似顔絵が映っておりまして、それがあの、なんと申しましょうか、大変言いにくいんですが、かなり絵心のない、と申しましょうか、平素に言うと「へたっぴ」なんですわ。
小学校の学級新聞に担任の先生の似顔絵が載ってるような、特徴を捉える以前に「なぜこんなもの描いてしまったんだか」というような、大変素朴な絵なんですが、深刻な音楽とともに放映されていました。

 へんでした。


それから、ドーム建築の内装が撮影されていました。
やっぱり、きれいでしたねーーー。屋根の内側の組んである木目とか、きれいでした。
ドームでご自宅を作られた方、今ごろ「俺の、俺の家がぁ~~~~」とか、泣いていないといいです。せっかく建てた夢のマイホーム、しかも個性的なドーム住宅なのに、突然ご近所から「あの家は危ないらしい」とか、ささやかれちゃったりするんでしょうか。
 でも、一生懸命テレビの人たちが「変なもの」として、その奇異さを強調すればするほど、なんだか、なにかが微妙にずれてきて、テレビの「変さ」も浮き彫りにされ、いろんな意味でおもしろいっす。


妄想よりずっと、おもしろいなあ・・・・。やべえ。


というわけで、のんびりペースですが、また読んでくださいね。
[PR]
by DandP | 2003-05-07 23:53 | D&P時事放談