100% 嘘八百 ♪ PRINCEを愛するD&Pによる、PRINCEをめぐる妄想の数々


by DandP

カテゴリ:ウルトラ隊員( 1 )

ウルトラ隊員


 今日、夢を見た。

 ゴジラ星人が地球にやってきた。どうもゴジラの着ぐるみの使い回しらしく、ゴジラの顔に服を着ていて、顔の周りはガチャポンの丸いケースのような透明プラスティックで囲われている。宇宙服をイメージしていると思われる。

 ゴジラ星人の目的は地球支配。

ウルトラ隊員(正しくは科学特捜隊というらしいが、こっちのほうがしっくりするので採用)であるワタクシD&Pは、同時に官庁にも勤めており、人間と等身大のゴジラ星人と政治的交渉にあたるメンバーの一人に抜擢された。ゴジラ星人の弱点は、顔を覆ったプラスティックカバーが火を吹く前に開く時、顔に水をかける事であった。ワタクシD&Pは必死の覚悟で火柱を避けながら、懸命に水鉄砲でゴジラ星人の顔を攻撃した。

 その甲斐あってゴジラ星人は弱まりあと一歩というところで、政府の方針ということで、一人の官僚が前に出た。(彼は小倉ナントカが司会している昼あたりの番組で「特ダネ撮って出し」とかいうコーナーをやっている背の低いアナウンサーだ)彼が単独で交渉にあたるという。会議室で会談中の二人をワタクシD&Pともう一人の中年の女性担当者は、脇の窓からこっそり偵察する。

 どうも政府とは別にその官僚の思惑の通りに交渉を進めようとしているらしい。「自衛隊について盛り込まれていない」などとワタクシが指摘すると、「長男に譲るとも言っていないわ」と中年女性は指摘した。とにかく私たちはこの交渉が、彼個人の利益のために行っていると判断し、阻止するべきだと論じ合った。

 やがて会議室から官僚とゴジラ星人は出てくる。ゴジラ星人はだいぶ体力が回復したようで危険な状態だ。それなのに交渉成立で危険性はないとして官僚はこの危険指定地域からゴジラ星人とともに出ようとする。ゴジラ星人を外部に出してはあまりに危険だ。だが、立場上なすすべもないワタクシD&Pは、また水鉄砲をネチネチとかけ、嫌がらせをする。ゴジラ星人は怒りに達すると、こちらに向かってきた。
 すると私の中のウルトラマンが分離し、追いかけられるようにゴジラ星人をおびき寄せ、螺旋階段を落ちるように抜けてどこかにいった。
 
 ワタクシD&Pは、この職業に嫌気がさし、仕事帰りに街に出た。
どうもここはニューヨークらしい。ナイキ本店とタワーレコードに寄ってレコードを物色していると、ちょっといい仲の彼に偶然会う。

 彼はシカオちゃんとくるりと細野ハルオミを足したような男で、デザイナーをしていた。そうだ、こんな世の為にも人のためにもならないウルトラ隊員なんてやめて、この人と結婚して落ち着こう。そう私は思った。彼はもちろん最初からそのつもりだ。

 彼の車にむかうためにビル屋上にあるパーキングに行く。腕を組み二人は寄り添っていた。パーキングのおじちゃんにカギを渡され、屋上に出ると、白いものがフワフワと落ちてきた。

「あ、雪・・・」

と言うとおじちゃんは否定した。屋上に出きると、そこに見えるものは爆風とビル崩壊によるおびただしいホコリと塵。

 ここ銀座の目抜き通りでは(ニューヨークじゃなかったのか)、巨大化したゴジラ星人とウルトラマンが戦っているのだ。逃げ惑う人々。飛び交うスペシウム光線と火柱。銀座の街は阿鼻叫喚の渦に。(どうもこの辺は「ガメラ3」の影響と思われる。)

 私たちのいるビルもスペシウム光線の流れ弾にあたり、激しい衝撃の後、大きく傾いた。たくさんの人々がビルから表に落ちてゆく。結婚をしちゃおうかなと思った彼も、目の前で空中に放り出された。ワタクシD&Pは結婚届の用紙を片手に(いつのまに持ってきたのか?)嘆くが、そんな間もなくビルは崩れだした。

 ああ、こんな運命とは!私はやはりウルトラ隊員として戦う他に道はないようだ。思いを新たに、ワタクシD&Pはゴジラ星人に立ち向かうべく、ウルトラマンに変身するのであった。


朝、ものすごく疲れた。
[PR]
by dandp | 2004-01-16 02:32 | ウルトラ隊員