100% 嘘八百 ♪ PRINCEを愛するD&Pによる、PRINCEをめぐる妄想の数々


by DandP

白装束の人々

世間で、ある宗教団体が、白い布であたりを包みながら移動を続けた時期がありました。
その頃、書いたもの。

ちょっと世間話

妄想のほうはまだ続くんですが、ちょっと世間話を。

家族が、今いちばん熱いニュースは「白装束の人たち」だという。
「まあ、とにかくテレビを見てみなさいよ」というので、昼のテレビを見たところ、まあ、なるほど、という感じでした。
 それで、感想をちょっと書きたくなっちゃって、こうしてPCの前に座ってみたわけです。

 白布でくるむ意味や、団体については、まあ、なにも言えないとして(笑)、あの木や道をくるんである光景をみての感想は
「これってひょっとしてアートなのか?」
いや、アートという言葉も「芸術」と言わない場合、かなりアヤシイ価値観ではありますが。

思い出したのは、「そういえば、ブランデンブルグ門をくるんだりしたアーチストがいたっけなあ。」でした。作家が見たらなんて言うか、聞いてみたいですね。。。(ついでに最近のお茶のCMで東京タワーみたいなのを風呂敷でつつんでるヤツね)
ラッピングというアートなわけですが、お店で商品をくるんでもらう時と同様、やはり仕上げのきれいさ、というのが「作品」と「やっちゃったもの」の違いであると気付いたわけです。
仕事は丁寧にしましょう。勉強になりました。はあ~~。

 それから、天体観測目的で建てられたという建築群。
「異様な建物ですねえ」とコメントされていたが、それはっ!フラードームでは、ありませんかっ。
えーと、詳しくはこちらです。
http://www.erecta.co.jp/dome/dome.html
うーーーん、悪くないじゃないですか。まあ、フラードームの工法を使った建物なわけですが、あれが未だ得たいの知れない団体の所有物じゃなかったら、ちょっといい感じの別荘なのに、どうも先入観によって、違うものに見えてくるかないですか。
 加えて、建物は悪くなくても、やっぱり配置と言うか「あり方」で異質なものになってしまうようです。
 あああああ、ラッピングといい、なにが美しいものとして成立させるのか、勉強になりました。

ちなみにバックミンスター・フラーという人については、こちらをどうぞ。
http://www.ctv.co.jp/event/fuller/
いえ、こんなことみなさん、ご存知なこととは思いますが、一応貼り付けておきました。周知のことでしたら、大変失礼いたします。

んで、思ったわけなんですが、どうしましょう、こういう感じで割と自分の好きなものが、「あやういもの」として扱われてしまうと、とたんに社会的立場さえあやうくなったりしちゃったら・・・。

 なにか事件があった時、その犯人像にふと自分と重なるものがあったりする。
自分、社会からなにか言われやしないか、不安になりませんか?
 幼女連続殺人犯の部屋が公開された時、そのビデオテープや、マンガ・ゲームの類の「サブカルチャー」で溢れかえった光景を見て、「これは俺だ」と言った人はたくさんいた。
 別の幼女殺人犯の「20代後半フリーター、ジャージにTシャツ、無精ひげ」という特徴に、「これって俺じゃん」と友達は言った。

バランス、ですかね、何事も・・・・。

プリンスファンの私としては、やはり他のプリファンが辛い思いをしなくてすむように、あんまり犯罪には手を染めないでおこう、と思うのでした。

ところでぇーーーーーーー
タマちゃん用の水槽を用意なさっていたようで・・・。別に海に返してもらえるわけじゃなかったのか・・・・。
んでもって、アザラシって水族館では淡水で暮らしているのか、海水で暮らしているのか、すごく、気になるっ。


毎度、お粗末さまです。



包んじゃうのは、クリストというアーティストでした。
http://www.galerie.de/nothelfer/christo1.htm
・・・・読めませんけど。
んでもって、鴨川シーワールドで最近アシカショーを見た友人によると、プールの水はしょっぱかったらしいです。
[PR]
by DandP | 2003-04-29 23:47 | D&P時事放談