100% 嘘八百 ♪ PRINCEを愛するD&Pによる、PRINCEをめぐる妄想の数々


by DandP

戦争(2003年3月)つづきのつづき

しかし・・・
ネット、という媒体で、戦争を語るとき、少しの恐怖を感じます。
なんの誤解もなく、この心の揺れさえも、伝わるのか。

どうぞ、この戦争について書いた一連の文章において、戦争への恐怖と平和への願いについて真摯な気持ちであることが、伝わりますように。

多様な社会のあり方(宗教も含めて)を認め合える、調和のある世界であってほしい。そしてそのためには、その社会の指導者が正直で公正である必要がある、そこが、むずかしい。

世界はいろいろな価値観でできている。
「みんな違ってみんないい」となるには、誰もが自分とは異なる考えの人に対して、寛容でなければならない。
そして、どちらか一方だけが寛容なのではなくて、双方がお互いを認め合わねばならない。

忍耐と努力の必要なことだ。
[PR]
by DandP | 2003-03-31 15:03 | D&P時事放談