100% 嘘八百 ♪ PRINCEを愛するD&Pによる、PRINCEをめぐる妄想の数々


by DandP

本屋と便意についての考察  その2

 おもろい夫婦、だろうか。

そういえば、この間、親子参加の遠足に行った時、
私ら夫婦の横を歩いていた先生が、肩をゆらして笑いを堪えていて一言

「普段もそんな風に話してるんですか」

と、聞いてきた。
私たちは遠足の道すがら、延々と「男はつらいよ」について話していたのであった。
寅さんは、本気で恋愛する気があるのだろうか、と。
そして、交互にずーーーっと仁義切りをやっていたのであった。
「おひけえなすって」と。

もちろん、毎日、そんな風である。


閑話休題。


さて、トイレと本屋問題。

ここに、ひとつ、審議しなければならないことがある。

「はたして本屋と一言にいえど、実際はどんなところであろうか」

古本屋とブックオフは、トイレ問題において、全く別のものである。
吉祥寺パルコブックセンターと普通の本屋も、またしかり。
同じ古書が並ぶといっても、図書館と古本屋では、下半身において何が違うのか?

そこで私が打ち立てた仮説であるが、

1)置いてある本が古いほど、お腹に強く作用する。
2)本屋の密閉度により、違いがある。
3)文字印刷よりも、コミックスや写真集などのインクの方が、作用が大きい。
4)その空間の集客活発度により、違いがある。

つまり、ブックオフは古本を扱っていながら、空間が広く、客の流れも頻繁なことから
その作用は普通の本屋並である。
図書館といっても、その間取り、空調、閲覧席の多さにより、空間の質は異なる。
吉祥寺パルコブックセンターは、地下であり、洋書、美術系(特に写真)が豊富であることから
あれだけこざっぱりした店内でも、作用が強く現れる。

では、もっとも便意を感じやすい本屋の条件とは、何か。



『狭い空間に多岐にわたる種類の本があり、客が少なく、換気が悪く、地下にある。』



これこそが、どんな人も必ず便意を催す本屋である。
そんな本屋を経営するには、何に気をつければいいか。

トイレの個室数を充分確保すべきである。
たとえ店舗面積を削ってでも。


以上。
[PR]
by DandP | 2005-08-04 11:55 | D&P時事放談